2017年11月15日水曜日

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」





ディエゴ・ベラスケス 《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 
1635年頃 油彩、カンヴァス 211.5×177cm  
マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado


ルネッサンス、バロックの
名画の数々が集結

展覧会のタイトル、『ベラスケスと絵画の栄光』と聞くと、「そうか、ついにベラスケスの絵がたくさん見られるのか!!」と、小躍りして喜ばれる方もいらっしゃるかもしれません…。

でも実際は、タイトル名に巨匠の名前を冠していたとしても、蓋を開けてみたら巨匠の絵はたった2枚だった……ということも決して珍しくないことです。 それは歴史に名を刻んだ偉大な画家であればあるほど、美術館からの持ち出しには厳しい条件が付いてまわるし、さまざまなセキュリティの問題が絡んでくることが必至だからなのでしょう。

それでも、2018年の2月と6月に東京と神戸で開催される『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』では、ベラスケスの絵が7枚出展されるということで、これまでの事情からすれば破格の点数になるのかもしれません。

プラド美術館と言えば、かつてスペインが栄華を極めたフェリペ王時代のコレクションがベースになっています。ベラスケスをはじめとして、エル・グレコ、ゴヤのスペイン国内の巨匠、ルネッサンス、バロック時代の名画の数々を所蔵する、まさに西洋美術の歴史と文化を今に伝える美術館といっていいでしょう。
今回はベラスケス以外にもラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンス等の名画が堪能できます。



「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」

■東京展
会期:2018年2月24日(土)~5月27日(日)
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7
時間:9:30~17:30(金・土は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日 ※3月26日(月)、4月30日(月)は開館
料金:
一般 当日 1,600円 前売・団体 1,400円
大学生 当日 1,200円 前売・団体 1,000円
高校生 当日 800円 前売・団体 600円
※中学生以下無料
※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館時に障害者手帳を提示)
※団体は20名以上
※2018年2月24日(土)~3月4日(日)は高校生無料観覧日(入館時に学生証を提示)

■兵庫展
会期:2018年6月13日(水)~10月14日(日)
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
時間:10:00~18:00(金・土は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日 ※ただし祝日の場合は閉館、翌火曜日休館
料金:
一般 当日 1,600円 前売・団体 1,400円
大学生 当日 1,200円 前売・団体 1,000円
70歳以上 当日 800円 団体 700円
※高校生以下無料。 ※団体は20名以上。
※前売は一般、大学生のみ。前売券の販売開始は2018年春を予定。
※心身に障害のある方は各当日料金の半額(70歳以上除く)、その介護の方1名は無料。
※一般以外の当日券の購入および障がい者割引の適用には要証明。

2017年11月6日月曜日

ロジャース&ハマースタイン 「南太平洋」










ロジャース&ハマースタインの
傑作ミュージカル

先日の「王様と私」に続き、今回もロジャース&ハマースタインのミュージカル「南太平洋」をあげてみたいと思います。この作品はブロードウエイでの初演が1949年ですが、1958年には映画化もされたミュージカルの傑作です。

太平洋戦争の最中に南太平洋のとある島を舞台に従軍看護婦ネリーと島に住むフランス人エミール、そして海兵隊と島の娘の恋を様々な視点で描いた切ないラブストーリーです。

但し、映画のほうはハワイで長期間のロケを敢行したにもかかわらず、フィルム全編にカラーフィルター効果をかけてしまったために、風光明媚なロケ地の美しさを台無しにしてしまったという曰く付きの映画です。それでもエミールを演じたロッサノ・ブラッツィやネリーを演じたミッツィ・ゲイナーの魅力、名曲「バリ・ハイ」を歌ったファニタ・ホールの存在感は映画史に長く記憶されるものでしょう……。

音楽は生き生きとしてヴァリエーションに富んだ名曲揃いなのですが、映画のサントラ盤は録音の古さが目立ち、全体的に歌唱法の古さもやや気になるところです。

そこで、ここではブロードウェイの舞台を収録したCDをとりあげてみたいと思います。
「王様と私」が比較的、現代のミュージカルスタイルに対応できる曲のテイストをもっているのに比べると、「南太平洋」はどことなく古き良きアメリカを想わせる懐かしいサウンドで充ち満ちていますね……。
名曲「魅惑の宵」、「バリ・ハイ」に聴かれるように、一昔、いや二昔も何十年も前のような古色然とした味わいを持っているのです。

音楽はとにかく楽しく魅力に満ちた名曲の宝庫です! コミカルでユーモアいっぱいの「ブラディー・メアリー」や「あの人を洗い流そう」。子供たちが歌う可憐な「わたしに告げて」。珠玉の輝きを放つ「魅惑の宵」、「バリ・ハイ」、「春よりも若く」。気が利いている「ア・ワンダフル・ガイ」、「ハッピー・トーク」等々、音楽を聴くだけでも舞台の雰囲気が彷彿として、充分に満足できることでしょう!


音楽的に洗練され充実している
2008年ブロードウェイ盤

お勧めしたいのは2008年ブロードウェイ上演盤です。
これは2008年のトニー賞を7部門独占した名演の記録ですが、音楽全体が生き生きとしているし、古き良き時代の雰囲気を醸し出しながら、洗練されていて音楽的に充分美しいのです。

特に素晴らしいのが、ネリーを演じたケリー・オハラですね! 
往年の名歌手ジュディー・ガーランドやドリス・デイのような、いかにも古き良き時代のアメリカ的な歌唱法で雰囲気満点なのですが、もちろんそれだけではありません。ささやくような発声と自然に心に溶け込むような語り口の歌が最高なのです。「ア・ワンダフル・ガイ」や「あの人を洗い流そう」はまるでケリー・オハラの持ち歌のように自然で、表情豊かで、柔らかな歌唱に引き込まれてしまいます!

トニー賞の最優秀男優賞を受賞したエミール役のパウロ・ゾットの歌やその他のナンバーも良くまとまっていて、聴き応え充分です。このCDを聴くと、舞台が無性に見たくなるかもしれませんね…。

2017年10月30日月曜日

セザンヌ 「モンジュルーの曲がり道」










創造的な試みが充満している
セザンヌの絵

この絵を見て瞬間的に感じるのが、「何て絵心を刺激する絵なんだろう!」ということです。私は絵筆を置いて久しいのですが、この絵を見ると、どういうわけかもう一度描いてみたいという気持ちが少なからず起こってくるのです……。
そんなこと言ったら、「この絵がどうして絵心を刺激するの?」、「そうかな?」と言う声も聞こえてきそうですね…。

どうしてなのかと言えば、この絵のあらゆる部分に様々な創造的な試みが充満しているからでしょう。つまり絵としての魅力が見れば見るほどに伝わってくるのです。
もしかしたら自分もこの絵の端くれみたいなものが描けるかもしれない?(まず無理なことでしょうけれど…)という親近感を抱かせることも大きいかもしれません。

皆様がご存知のようにセザンヌはあたりまえのように風景を描写したのではありません。
セザンヌの絵を見ていつも思うのが、無造作に積み重ねられた色彩面が醸し出す美しさが際立っていることです。彼は自然から感知した規則性や法則を自身の感性のフィルターを通して絵の中に抽出してみせているのです。

特に印象的なのは画面全体の3分の2を埋め尽くそうかという木々の緑です。
何度も塗り重ねられた緑は多様な表情を映し出し、色彩の変化や陰影の面白さをみせてくれます。また、セザンヌ独自の幾何学形態的な描写法と絵の具を塗り残す筆のタッチが、時として風がそよぎ、揺らいでいるように見え、大気の流れのように感じさせてくれたりもするのです。

緑に挟まれる形で配置されているクリーム色とオレンジを基調にした暖色系の家屋は周囲の緑との色彩の響き合いや対比の中で強い存在感を放っています。
その他、創造的な試みがあれやこれやと結集した、見れば見るほどに味わいが増してくる絵といっていいでしょう!

2017年10月23日月曜日

ロジャース&ハマースタイン  『王様と私』











ブロードウェイの
古典的傑作

『王様と私』は1951年に公開されたブロードウェイミュージカルですが、5年後に公開された映画は、ブロードウェイと同じ王様役を演じたユル・ブリンナーの独特の個性と存在感で、このミュージカルが持つ魅力と知名度を一躍世界に知らしめたのでした。
現在でもブロードウェイではたびたび上演されていて、その人気の高さがうかがえますね。

ミュージカルは演技や振付も大変重要な要素の一つですが、それと同じかそれ以上に重要な要素が音楽や歌です。
『王様と私』はリチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン2世のゴールデンコンビによって制作されたミュージカルの傑作ですが、この作品の成功は音楽抜きにはまず考えられないでしょう。 巧みなストーリー展開や登場人物の性格づけがオリエンタルムードをテーマにした音楽によってうまく引き立てられているのです。

またオリエンタル調のテーマと叙情的なバラード、コミカルな歌とのさじ加減が絶妙で、いい意味で均衡がとれているのです。しかも音楽が無理なく心に溶け込んできて、聴く喜びで満たされていきます。

印象的な曲をざっとあげると次のようになるでしょうか……。

純真な乙女心が瑞々しく漂うタプティムの『My Lord And Master』。しっとりとした情感が忘れ難いアンナの『Hello, Young Lovers』。アンナが子供たちに寄り添うように歌う『Getting To Know You』。ルンタとタプティムの美しいバラード『We Kiss In A Shadow』、『I Have Dreamed』。そして今やスタンダードナンバーとして名高く、粋なセンスや夢が拡がる『Shall We Dance?』等々、それぞれに時が経つのを忘れてしまうような味わい深い名曲が目白押しです。


忘れ難い1992年の
スタジオキャスト盤

『王様と私』で真っ先におすすめしたいのが、1992年のスタジオキャストレコーディングによるCDです。
ミュージカルのCDは出来るだけ舞台のイメージを膨らませてくれたり、ストーリーの展開が伝わってくるようなレコーディングこそ相応しいのではないでしょうか…。
映画や舞台のイメージを美しく甦らせる効果があるとするならば、このCDは最高の一枚と言っても決して過言ではないでしょう。

何といっても素晴らしいのがアンナを演じたジュリー・アンドリュースです。アンドリュースは『王様と私』のアンナ役に長年恋い焦がれてきたそうですが、舞台ではなかなかその願いも叶わず、ようやくこのスタジオキャストアルバムで念願が叶ったのでした。

その想いの強さは彼女の歌に溢れ出ているといっていいでしょう! 歌声からこぼれ落ちる気品と聴く者を引き込まずにはおかない豊かな表現力と情感! 中でも『Hello, Young Lovers』は語りかけるような歌い方や一小節ごとに表情が変わる柔軟さが最高で、他の歌手が歌った同曲は、どうしても色褪せてしまいます……。

アンドリュースだけでなく、王様役の名優エドムンド・キングスレーやディズニー映画の歌姫レア・サロンガ、グラミー賞歌手ピーボ・ブライソン、ディーヴァとして難曲に幾度も挑戦してきたマリリン・ホーンと適材適所に豪華なキャストを配していて、その聴き応えや満足度は途轍もなく高いですね!

特にレア・サロンガは素直な歌い方と透明感溢れる声の響きが涼やかな風のように心地よく、心を癒やしてくれます。

ハリウッドボウルオーケストラの、舞台の情景が眼前に浮かんでくるような色彩豊かで情感たっぷりの演奏も素晴らしく、ミュージカルの真髄を心ゆくまで味わせてくれます。間奏部分でのヴァイオリンのソロ等はちょっと泣かせてくれますね……。

この録音の成功の要因は完成度を高めるために決して妥協せずに、スタッフ、関係者が随所に徹底的にこだわり抜き、誠実な作業を遂行したところが大きなポイントなのかもしれません。

2017年10月17日火曜日

「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」














形や模様に対する飽くなき追究と
調和とバランスを見出す面白さ

エッシャーの展覧会が来年6月の東京・上野を皮切りに各地で開催予定です。

エッシャーと言えば「だまし絵」で有名ですが、もちろん漠然とトリック手法的な絵を描いた訳ではありません。
そこには形や模様に対する飽くなき追究がありますし、調和とバランスを見出す面白さや発見があるのです。

スペインのアルハンブラ宮殿で見たモザイク模様の数々に心奪われて、何度も訪れるうちに、彼はモザイク模様の探求を生涯をかけたテーマとして認識するようになります。代表作の『滝』や『相対性』はエッシャーのモザイクや幾何学形態的な考え方が行き着いた一つの結論と見ていいかもしれません。

2018年で生誕120周年となり、日本国内ではそれを記念して大規模な回顧展が開催されることとなりました。今回はイスラエル博物館のコレクションから代表作や、初期に関わった作品、直筆のドローイング等、貴重な資料も含めて、150作品が公開される予定です。乞うご期待!




生誕120年 イスラエル博物館所蔵 
ミラクル エッシャー展

期間:2018年6月6日(水)~7月29日(日)
会場:上野の森美術館
住所:東京都台東区上野公園1-2

※大阪・福岡ほか巡回予定

2017年10月7日土曜日

ハイドン ミサ曲 第2番 変ホ長調「祝福された聖母マリアのミサ」:大オルガンミサ












ミサ曲というカテゴリーで
創造の翼を羽ばたかせるハイドン

以前お話したことがありますが、ハイドンのミサ曲はミサの要素だけにとらわれない、宗教音楽という枠や概念を超えているところが魅力としてあげられると思います。つまりミサ曲というカテゴリーの中で、思う存分創造の翼を羽ばたかせているといってもいいでしょう。

この通俗名「大オルガンミサ」も、いかにもミサを彷彿とさせる形式と清廉なメロディラインを持っているのですが、一般的なミサ曲と比べると音楽的な拡がりや聴き応えが大いに違います。

「大オルガンミサ」はカトリックの典礼に準じた正統的なミサ曲なのですが、音楽的、芸術的な指向性は決してそこに留っていません。あくまでも未来に向かって音楽は動き、進んでいるのです。

まず、キリエの優しく微笑みかけるような柔和な旋律に思わず心惹かれます! 特に主題に劇的な変化や転調があるわけではないのですが、音楽は一瞬たりとも単調になることなく、拡がり発展していきます。そして何と豊かな情感が息づいていることでしょうか……。

グローリア、クレド、サンクトゥス、ベネディクトゥスのいずれも穏やかで安らぎに溢れたメロディはハイドンの抜群の構成と相まって心を和ませてくれます。そして時折ハイドン得意のフーガを絡ませて大いに作品を盛り上げていくのです。

そしてアニュス・デイです! ここは「大オルガンミサ」で最も魅力に溢れた音楽といえるでしょう。冒頭の部分は陰影に満ちていて、喜びや哀しみ、慰め…がゆるやかに噛みしめるように回想されます。とても印象的な部分ですね……。これに続く主題のコントラストも見事です。まるで涙を拭って、新たな希望の道筋へ向かっていくようではないですか…。

以上のように、この作品は典礼重視の作曲スタイルとはいえ、何度聴いても飽きることがないでしょう。ただただ、ハイドンの芸術的な処理のうまさに感嘆するしか言葉がないのです。


豊かで透明感に溢れた
プレストン盤 

この作品もサイモン・プレストン指揮エンシェント室内管弦楽団、オックスフォードクライストチャーチ聖歌隊(DECCA)をあげたいと思います。先日、紹介したヴィヴァルディのグローリアよりも作品に密度があり、充実感があるためさらに魅力的な演奏に仕上がっています。

ソプラノのジュディス・ネルソン、テノールのマーティン・ヒル、コントラルトのキャロライン・ワトキンソン、バスのデヴィッド・トーマスはプレストンのタクトの下、実にスッキリと溶け合った響きを醸し出してくれます。二重唱、三重唱の歌がごく自然な声の響きとして何の違和感もなく引き出されていることは一つの驚きです。

また、オックスフォードクライストチャーチ聖歌隊のまろやかで優しい声の響き! この作品を天上的な響きに磨き上げてくれた最大の功労者と言ってもいいでしょう。心の動きが伝わってくるような繊細な情感や温かみのある音色も実に見事です!

2017年9月28日木曜日

『シネマ・アンシャンテ』ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン デジタル・リマスター版特集上映!








歓びも哀しみも、すべてが夢のように美しい 
フレンチシネマ史上至高の映像と
音楽のコラボレーション4作品を一挙上映

ついにリバイバル上映が決定しました!

恵比寿ガーデンシネマを皮切りに上映される『ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン デジタル・リマスター版特集上映!』がそれです。これは『ロシュフォールの恋人たち』が公開50周年にあたることと、作曲のミシェル・ルグランが生誕85周年になるのを記念してデジタル・リマスター版で装いも新たに公開されるそうですね。今回は東京、横浜、名古屋、大阪、京都と全国5か所で公開されます。

ジャック・ドゥミとミシェル・ルグランといえば、映像と音楽のコラボが最高に美しく、夢のようなひとときを約束してくれる名コンビでした。今回のシリーズでは絶頂期の作品をはじめ、魅惑の作品が組まれています。

まずはシリーズの顔になっている1965年の『ロシュフォールの恋人たち』。サントラ盤に収められたほとんどすべてのナンバーがスタンダードナンバーといってもいいほどに愉しく充実した名曲揃い! しかもカトリーヌ・ドヌーブとフランソワーズ・ドルレアックの実の姉妹やジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス等の多彩な顔ぶれが歌って踊る楽しいミュージカルになっています。

その他、息をのむほどに美しい映像と音楽との豊かな共鳴が忘れがたい余韻を残す『シェルブールの雨傘』。幻想の世界を彷徨うような大人のファンタジー『ロバと王女』、池田理代子の大ヒット漫画を実写化し、公開当時は酷評されたものの、今やその良さが再認識されつつある『ベルサイユのばら』(今回初デジタル・リマスター化)もラインナップされています。

秋の夜長、じっくりとフランスシネマの傑作に浸る至福を味わいたいものです。